鹿児島 王将アルバイトパート募集

正社員インタビュー

正社員歴8年目(2016年7月現在)福森店長さん

役職

お仕事インタビュー

鹿児島王将で働くきっかけは何ですか?

学生の頃にアルバイトを探していて、王将が自宅から近くって、条件も僕の探していた条件にぴったりだったので、アルバイトに応募しました。と言っても、僕の働いている国分店は移転をしてしまったので、自宅からは少し遠くなってしまいましたがね(笑)

王将で働く前と実際働いてみた後と、違ったなと感じることが何かありましたか?

お客さんとして何度か行った事があるんですが、その時のイメージのままでしたね。
入社する前とした後でのギャップというのは特に感じませんでした。

はじめはアルバイトとして入社したんですよね?社員として働きだしたきっかけが何かありますか?

もともとは先生を目指していたんですよ。
先生にはなれなかったんですが、王将のアルバイトを1度辞めて、他の仕事をしていたんです。
でもその時に、何か違うなって感じて、改めて王将の良さを認識したんです。
もちろん、体力的にはしんどいこともあるんですが、精神的にも働き甲斐という所でも、王将が良いなって思って、社員として帰ってきたんです。
他の会社では平社員、リーダー、店長、会社の役員さんって感じで、偉くなるにつれて建前だけっていうか、本音で話せない距離感があるじゃないですか?
でも、王将は違ったんですよ。
店長にも『何やってんの!?』って言えば『ああ、ごめんごめん』って返してもらったりとか、会社の常務でも役職名でなくって名前で呼んだりとか。
他の会社ではこうはいかないですよね?
これって、本当に従業員同士の距離感が近くって、本音で話せる環境だと思うんです。
僕は他の会社を見てきたので、この距離感は王将の素晴らしい文化だと思っています。
この雰囲気があったので、王将に帰ってきたんです。

今は店長にまでなっていますが、仕事のやりがいを感じる部分はどんなところですか?

やっぱり、お客様の『美味しかったよ!』と言って頂けることが一番のやりがいですね。
それ以外には仕事の指導を上手くできた時や自分自身の成長を感じられたときにやりがいを感じます。

それでは最後に、これから鹿児島餃子の王将で働こうと考えている人に一言お願いします。

はい。体力的にはきつい事もありますが、仕事ってどこに行ってもきつい事はあると思います。
ですが、この鹿児島王将は他の職場にはない、従業員同士の距離感やアットホームな雰囲気があります。
これは鹿児島王将株式会社の良い文化だと思います。
少しでも興味を持っていらっしゃるのであれば、ぜひ鹿児島王将へ来てください。
ありきたりな仲間としてではなく、家族として従業員一同あなたをお迎えしますよ!

福森店長

福森店長